エレガントなソファ

ハーフティンバーの輸入住宅

寝室

輸入住宅に憧れたきっかけは、修善寺のテーマパークにてイギリスの建物を見たのがきっかけです。1回部分がアンティークなレンガタイルで、2階から上が白の漆喰壁に天然丸太を使用した装飾性のある、素敵な外観でした。この家を見てからは、この家を自分たちの予算で建築してもらえる業者を探しました。 先ずは、輸入住宅の雑誌から業者に問い合わせして、プレゼンを求めましたがほとんどの業者が、無垢の木では無く、建材製品を使用したなんとなく機械的な外観になってしまうものでした。また、無垢の木を要望すると建築コストが驚く金額に跳ね上がってしまいました。 諦めずに業者を探していますと、材木屋さんと関りがある工務店と出会いました。その工務店の社長の話では、本人も修善寺のテーマパークに行った事があり、こんな家建ててみたいなと思ったそうで、意見の一致するのが早かったです。 なぜ材木屋さんとの関りが魅力的だったかといいますと、天然の丸太を一緒にその材木屋さんにいって探してみましょうとの話でした。そして、気に入った形の丸太が見つかったらそれを材木屋さんにスライスしてもらい。装飾部材として外壁に貼るというアイデアーです。 そうして、できががった我が家ですが、今でも覚えてます。足場が外れて建物の全容が見えた時、イギリスの家そのものがそこにあり、感動したのを覚えています。

CHOICES POST

プロヴァンススタイルの輸入住宅に憧れて

輸入住宅でも、アメリカンスタイルのような装飾性豊かな住宅では無く、イギリスやフランスの片田舎にあるようなカントリー住宅に憧れておりました。 輸入住宅の雑誌…

PRESS RELEASE

本が並んでいる部屋

プロヴァンススタイルの輸入住宅に憧れて

輸入住宅でも、アメリカンスタイルのような装飾性豊かな住宅では無く、イギリスやフランスの片田舎に…

more
寝室

ハーフティンバーの輸入住宅

輸入住宅に憧れたきっかけは、修善寺のテーマパークにてイギリスの建物を見たのがきっかけです。1回…

more
かわいい寝室

憧れの北米スタイルの輸入住宅を我が家に夢見て

若い頃から暖炉の有る居間に憧れていたのです。時を遡る事数十年前はアメリカのドラマが数多く放送さ…

more
きれいな部屋

輸入住宅にする際の注意点について

住宅は私達が生きていく上でなくてはならない重要な物となっています。そんな住宅の仲には輸入住宅と…

more
TOP